FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコン無料回収

パソコン無料処分!
2003年10月1日より、 「資源有効利用促進法」に基づいて、 メーカーとお客様が協力しあって、 事業者に加えて家庭のPCを 再資源化するPCリサイクル法がスタートしました。 これにより粗大ゴミではパソコン廃棄処分が出来なくなり通常モニターと本体で約7000円、ノートパソコンは3150円の廃棄費用がかかります。また、メーカーに申し込みしなければならないなどの手間もかかります。

デスクトップ、ノートブック、液晶モニター、無料処分致します。有料の物も有りますので、先ずは下記の連絡先までお問い合わせ下さい。その後、下記の住所まで宅急便、元払いで送って下さい。着払いはお受けで来ません。
連絡先
エコトラッシュ
045 410 9113  
http://www.footrescue.jp/

倉庫(持込所) 〒252-0821 神奈川県藤沢市用田497-1
スポンサーサイト

ドネーション

私たちエコトラッシュトレーディングは、日本では不用品や廃品、粗大ゴミとして処分されてしまうものをなんとかリユースする方法はないかと考えてきました。辿り着いたのは海外へ輸出すること。現在フィリピンでピナカムラオークションを運営し、現地バイヤーへの販売やリサイクルショップの運営などの事業展開をしています。またフィリピンで社会問題化している「ゴミ捨て場で暮らす子供たち」へ衣類や玩具、ノートや鉛筆などを提供する支援活動も行っています。私たちのこうしたボランディア活動はマニラ市市長からの表彰というかたちで評価されました。今後も不用品回収や粗大ゴミ処分をに関わる企業として、ゴミ問題や環境問題への取り組みを積極的に行って参ります。

輸出

輸出パートナー募集
フィリピンへの家具、雑貨等の輸出に興味有りませんか?コンテナー単位のバイヤー多数に付き急ぎ募集します。弊社はガイアの夜明けでも紹介されました。
連絡先
エコトラッシュ
045 410 9113
http://www.footrescue.jp/

リサイクル

神奈川県の便利屋
私たちエコトラッシュトレーディング、ピナカムーラオークションハウスは、日本では不用品や廃品、粗大ゴミとして処分されてしまうものをなんとかリユースする方法はないかと考えてきました。辿り着いたのは海外へ輸出すること。現在フィリピンでピナカムラオークションを運営し、現地バイヤーへの販売やリサイクルショップの運営などの事業展開をしています。またフィリピンで社会問題化している「ゴミ捨て場で暮らす子供たち」へ衣類や玩具、ノートや鉛筆などを提供する支援活動も行っています。私たちのこうしたボランディア活動はマニラ市市長からの表彰というかたちで評価されました。今後も不用品回収や粗大ゴミ処分をに関わる企業として、ゴミ問題や環境問題への取り組みを積極的に行って参ります。

店舗・テナントの閉鎖・閉店・移転・改装の際の在庫処分、不用品回収・不用品廃棄処分は弊社エコトラッシュにお任せ下さい。当社では、再利用出来る物は、高価買取致します。直営のオークションハウスをフィリピンで運営しており他者では、真似のできない金額での買取、不用品等の回収を行います。
お見積は無料です!まずはお気軽にご連絡下さい。また、見積金額が他社様よりも1円でも高い時は、何なりとお申し付け下さい。 
同時に輸出パートナーも募集してます。
日本での連絡先
エコトラッシュ
045 410 9113
http://www.footrescue.jp/

故人が生前愛用されていたものや、家財一式のことを「遺品」と言います。それがどんなに小さなものであっても、一つひとつが故
人の思い出が詰まった品であり、たとえ不用品と思えるようなものであったとしても粗末に扱うことはできません。故人が残された
大切な品々は、どのように取り扱うべきなのか、多くのご遺族の方々が悩んでいらっしゃると思います。

そんなご遺族の方々のお悩みやご要望にお応えするのが遺品整理の一歩だと考えております。遺品の種類も小物から建物その
ものまで多岐に渡っており、処分の方法もそれぞれ変わってきます。そのため、親族だけでの遺品整理は非常に困難です。そん
な時に大切な遺品をご遺族に代わって丁寧に真心こめて整理のお手伝いをさせていただくのが遺品を整理する業者の一番重要
な責任だと思います。ご遺族の方の悲しみに暮れている中、お伺いする訳ですから、ご遺族の気持ちをよく考え、見積もりや作業
を思いやりの気持ちでお手伝いさせていただきます。

また、故人の品々の中から弊社で買取できるものはなるべく高く買取をし、その分をご請求料金の中から引かせていただきます。弊社は唯一フィリピンでオークションハウスを運営している会社です。
このサービスにより低価格が実現可能になります。
遺品整理のご用命は、下記のエコトラッシュまで。

連絡先
エコトラッシュ
045 410 9113  
http://www.footrescue.jp/

腎臓移植

【マニラ=遠藤富美子】フィリピン政府は、腎臓移植を希望する外国人患者に対し、 
一定の条件を満たせば腎臓提供を認める新制度を導入する方針を固めた。 

闇で横行する臓器の国際取引を事実上公認するもので、10日に保健省が公聴会を 
開いて各界の意見をくみ上げた上で、今年中の制度実施を目指す。外国人を対象と 
する政府公認の臓器売買は世界に類例がなく、実際に制度運用が始まれば移植 
待機者が1万人を超す日本から患者が殺到することも予想される。 

新しい生体腎移植制度案は、外国人患者に〈1〉腎臓提供者(ドナー)への生活 
支援費〈2〉別のフィリピン人患者1人分の移植手術代―を支払わせるのが骨子。 
ドナー生活支援費などが1万2000ドル(約144万円)、フィリピン人患者の移植代が 
円換算で96万~120万円相当とされ、外国人患者の手術・入院代とあわせ、外国人 
患者は総額5万ドル(約600万円)を支払うことになる。仕組み全体は政府が管理し、 
ドナーは民間のドナー支援団体「腎臓財団」を通じて生活支援を受ける。 

保健省のジェイド・デルムンド次官は本紙の取材に「新制度導入で闇の売買横行の 
余地は消え、ドナーは搾取されずに、恩恵を受けられる。臓器売買ではない」と述べ、 
新制度の狙いが闇取引撲滅と比国民の保護にあることを強調した。 

フィリピンの人身売買禁止法は、臓器売買を禁じているが、昨年は仲介業者1人が 
同法違反で逮捕されただけ。世界各地の深刻なドナー不足を背景に、闇の腎臓 
売買が貧困地区ではびこっているのが実態で、犯罪組織介在も指摘される。 

比保健省はまた、「外国人の移植数は移植総数(2005年には630件)の10%」 
という上限を設けているが、実際には国内患者より高い「外国人価格」目当てに 
上限に違反する施設も多く、移植総数の3割程度が中東出身者を中心とした外国 
人と見られる。 

ただ、国による臓器売買の実質公認となる制度については「先進国による搾取」 
との反対論も根強く、内外の反応次第では見直しを迫られる可能性もある。 

フィリピンでオークション

フィリピンへの輸出に興味有りませんか?当社はフィリピンでオークションを開催しています。ガイアの夜明けにも、取材されました。
日本の連絡先
エコトラッシュ
tel:0454109113
http://www.footrescue.jp/
フィリピン
yoshida@pinakamura.jp

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。